ご利用案内

休苑日

1月1日~1月3日
※ただし、三郡衛生組合管理者が特別な理由があると認める場合を除きます。

受付

1

聖苑使用許可(火葬)の予約は、南アルプス市、中央市、市川三郷町、富士川町及び昭和町の各役所・役場窓口で行います。

2

聖苑使用許可手続きで、市町が発行した埋火葬許可証を持参して下さい。

3

使用時間は午前8時10分~午後4時30分までとなります。

ご利用料金

火葬区分 説明 管内料金 管外料金 単位
12歳以上 年齢12歳以上のもの 20,000円 60,000円 1体
12歳未満 年齢12歳未満のもの 16,000円 50,000円 1体
死産児 死胎 8,000円 25,000円 1胎
人体分離 手術・事故等による四肢 8,000円 25,000円 1件
胞衣・産汚物 産汚物 8,000円 25,000円 1件
改葬 改葬 11,000円 35,000円 1件

令和2年4月1日

※管内とは南アルプス市、中央市(旧 豊富村を除く)、市川三郷町(旧 六郷町を除く)、富士川町及び昭和町に住民登録者をいいます。なお、介護老人福祉施設(特養等)に入所をされていた方で、前住所が南アルプス市、中央市、市川三郷町、富士川町及び昭和町に住民登録を有していた方も管内扱いとなります。

納棺時のお願い(副葬品の制限)

1

柩には次のものは入れないで下さい
柩の中にものを入れると、火葬時間が長くなるほか、お骨に溶けたものが付着して収骨に手間取るなど、あらゆる面で障害となりますので次のものを入れないようご協力下さい。

書物・綿類・ドライアイス・造花(プラスチック製針金付)

火葬時間が長くなるほか、お骨が多量の灰に埋まり収骨の障害となります。

果実類

火葬時間が長くなるほか、収骨の際異臭を発します。

ガラス・鉛・プラスチック・アルミニウム製品・硬貨・義手・義足類

火葬炉内が高温のため溶けて、お骨に付着するなど収骨の障害となります。

スプレー缶・乾電池・缶詰・栓付のビン類

火葬中に爆発し遺体や火葬炉内が損傷します。

2

ペース・メーカー使用者はお申し出下さい
ペース・メーカーは火葬中突然爆発し、遺体の損傷・火葬炉内の破損・職員の負傷を引き起こします。事前に摘出できない場合には、その旨をお知らせ下さい。

取り扱いができる柩の寸法

予約時には必ず寸法の確認をお願いします。寸法以外受入は出来ませんのでご注意願います。
柩の寸法は以下のとおりでお願いします。

【直方体の場合】
幅65cm以内 × 高さ45cm以内 × 長さ2m以内

【蓋が楕円形の場合】
幅65cm以内 × 高さ55cm以内 × 長さ2m以内

聖苑利用者へのお願いとご注意

1

休憩室には電気ポットと湯のみ等が用意してあり、飲食は可能です。必要な方は茶葉を含めてご用意下さい。(ジュースの自動販売機がありますが酒類はありません)
休憩室での飲食等の持ち込み物品はすべて持ち帰って下さい。また使用した室等の清掃と湯茶等の接待で使用した器具は使用者の責任で、整理整頓して下さい。

2

指定された場所以外での飲食、喫煙はしないで下さい。

3

介護犬以外の動物は入館できません。

4

柩への副葬品の混入は燃焼率の低下による火葬時間の増加、火葬中の爆発、遺体の損傷、火葬炉内の破損、職員の負傷などあらゆる面で、障害となりますので、「副葬品の制限」は必ず遵守して下さい。

5

告別室で花束を使用する場合は一握り(3~4cm)、丈は50cm程度のものを2束ご用意下さい。ろうそく・抹香は聖苑にて用意します。骨壷は、必ずご用意下さい。

6

車椅子の用意がありますので、希望者は職員にお申し出下さい。

7

告別室・収骨室などでの写真・動画撮影は禁止です。

ふじかわ聖苑(火葬)の使用時間の流れ

※告別(お別れ)や火葬時間は、告別室での読経やご遺体の状況、会葬者数によって所要時間が変わります。

ページの
先頭へ